40年の実績。英会話&カルチャー/J H I 教育センターです。JR長野駅前(長野市)徒歩4分。英会話ができるようになる。フラワーアレンジメント、書道、絵画など趣味が広がる。資格も取れる。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.026-228-8818

〒380-0823 長野市南千歳2-7-10篠原ビル

J H I のこだわり

◎J H I はこう考えます。こんな方法を取ります。

J H I は、「ネイティブに頼らない、ネイティブに任せない」 英会話講座の方が、 より効果が上がると考え、授業を行っています。

◆外人講師では、頼りにならない。

外国人の講師から習えば、自然に英語力がついていくと思っている人がまだまだ多いのではないでしょうか。しかも、金髪、青い目、白人でさえあれば、英語を教えた経験がなくても、先生として素晴らしいと思い、「どうせ習うなら」と、金髪で青い目の白人であればドイツ人の英語講師でも満足してしまう人が多い。でも、そういった雰囲気の中に、ただ黙って浸っていれば、英語が覚えられる、と思うのは大きな間違いです。

◆日本語を利用するのが一番。

「日本語はまったく使わない。初心者にも英語だけで教える! 」ことをセリング・ポイントにしている学校が多くあります。最近の外国語教育の理論では、ただやみくもに体験し無意識的な学習をするのではなく、知性の助けを借りて「意識的」な学習をした方が、効率的かつ効果的としています。つまり、日本語を使いながら学習する方が上達が早いのです。日本語抜きにして、英語ばかりやっていても、ほとんど効果がありません。日英を比較・対比させながら、英語流の発想を覚えていくやり方でなければ、効果が上がらないのです。

◆まず、日本人の考え方を知る。

英語を教える場合、日本人の習性、ものの考え方、英語を学ぶ際の日本人共通の欠点、共通の長所を知らなければ困ります。日英の比較・対比ができません。日本のことや日本語をまったく知らないで、果たして日本人に英会話を教えることができるでしょうか。また、日本語を使って教えるほうが、コミュニケーションを図れて、よく理解できます。表現の仕方のどこが間違いなのか、今発音しているどこがいけないのか、日本語で指摘した方がはっきりします。

◆アメリカ人のように考える。

英語には英語流のものの言い方・考え方があります。日本語を直訳して英単語に置き換えるのではなく、何を言いたいのかをつかむ... これが、一番のポイントです。文法上、単語の順序が正しくても、英米人の思考形式に合っていないと、通じません。"Good morning." が「よい朝」にはならないように、「おはよう」は"It's early." とは訳しません。日本語は英語にはならないし、英語は日本語にはならないのです。

◆英語らしい英語を学ぶには。

言葉は文法的にみて正しければそれでよいというのではありません。まず、英米人の思考形式にあっていないと彼らは理解してくれません。英語には英語らしさがあるのですから、その発想の特徴をつかんでおくことが肝心なのです。日本語とは違う発想法を理解しなければなりません。これは、かえって外人教師では難しいのです。彼らは、その思考形式が当たり前になっているからこそ説明しにくく、しかも、それを英語で説明するから、日本人には、ますますどこが違うか分かりにくくなってしまいます。

JHI教育センターJ H I 教育センター

〒380-0823
長野市南千歳2-7-10篠原ビル
TEL 026-228-8818